気象予報と防災ー予報官の道 永澤義嗣

防災の本のおすすめに関連する商品 「気象予報と防災ー予報官の道」の詳細ページです。

1,036円

「数十年に一度」と言われる気象災害が日本のあちこちで起こっている。豪雨や大雪を観測・分析し、的確に警報を出すことで、被害を最小限に止めるー気象庁予報官には、天気予報だけでなく、そうした使命も与えられている。「夜明け前が一番忙しい」「梅雨明け宣言をいつ出すのか」など日々の仕事から、「上空の寒気」「冬型の気圧配置」などの…
  • 著者

    永澤義嗣
  • 発行

    中央公論新社
楽天ウェブサービスセンター