津波災害増補版 河田惠昭

924

「必ず、来る!」。東日本大震災の発生直前、そう警鐘を鳴らし、震災後に大きな反響を呼んだ本書。今回、最新のデータと調査研究をふまえ、311大津波の実相と、南海トラフ巨大地震で想定される被害の様相について増補する。決して避けられない、迫り来る「国難災害」。その減災・縮災対策の緊急性を訴える。
  • 評価

    (4.5) レビュー4件
  • 著者

    河田惠昭
  • 発行

    岩波書店
(※)この説明文は、抜粋のため、全文ではない場合があります。全文はこちら
楽天ウェブサービスセンター
お探しのものが見つからない時はこちらの検索をおためしください